車庫証明の取得について

車庫証明の取得について

 

自動車を所有している人であれば、「車庫証明」についてご存知ですよね。
引越しで住所が変わった後は、新住所の「車庫証明」を取得しなくてはなりません。
「車庫証明」を発行してくれるのは、所轄の警察署。
もっと正確に言えば、「自動車の保管場所」を管轄する警察署です。
「車庫証明」は、車検証の住所変更の際に必要となる書類でもあります。
後々困ることがないよう、早めに取得しておきましょう。

 

おおまかな手続きの流れを説明しますね。
まず警察署に出向いて、「車庫証明」の申請に必要な書類一式をもらってください。
持ち帰った書類の必要事項を埋めたら、再び警察署を訪れます。
窓口で申請書と一緒に、その他の書類を提出します。
「車庫証明」は後日交付されることになるので、交付日を確認して帰ります。
発行までの目安は、1週間ほどです。

 

申請時には、印鑑を忘れずに持参してください。
また収入証紙を交通安全協会の窓口で購入することになります。
収入証紙の購入には3000円前後かかるので、現金も用意しておきましょう。

 

車庫証明書の申請に必要な書類をまとめてみました。

 

@「自動車保管場所証明申請書」
A「保管場所の所在図・配置図」
B「保管場所使用権原疎明書面(自認書)」

 

C「保管場所使用承諾証明書」もしくは「駐車場賃貸契約書」のコピー
D住民票(または印鑑証明書)

 

@ABは、前もって警察署で入手することができる書類一式です。
Cの「保管場所使用承諾証明書」についても、警察署で受け取ることができます。
保管場所が賃貸駐車場(他人の土地を借りたもの)の場合は、Bでは無くCを提出してください。
Dは、使用者の居住地が証明できる書類として添付します。

 

ちなみに軽自動車であれば、@の替わりに「保管場所届出書」というものを提出することになります。
保管場所が主要都市だと、軽自動車であっても「車庫証明」が必要になるそうですよ。

 

保管場所については条件がいくつかあるので、書類を揃える前に確認しておきましょう。
ひとつでもクリアできない条件があれば、「車庫証明」は取得できないのであしからず。
まず保管場所は、使用者の居住地から2q以内でなくてはなりません。
さらに車体の収まるスペースが確保できること。
道路から出入りしやすい場所に位置していることが付け加えられます。
また保管場所の使用権利を、土地の持ち主にきちんと得ていることも条件です。