荷造りについて

荷造りについて

 

引越し直前になって慌てないためにも、早いうちに荷造りを始めるようにしましょう。
例えば、夏に引っ越すのであれば、冬服やストーブはすぐに段ボールにまとめるようにしましょう。
引っ越しの荷造りには結構手間がかかるので、少しずつ空き時間を利用して行っていくと後で楽になります。

 

また、荷造りすべてを引越し業者にお願いする方もいますが、業者に依頼すると結構な費用が掛かってしまいます。
もし、引っ越し費用を少しでも抑えたいと考えているのであれば、荷造りは自分でやることをおすすめします。
自分で荷造りをするだけでも、数万円単位のお金を節約することができます。

 

荷造りにはダンボールが必要になり、引っ越し業者から購入することができますが、スーパーなどで、無料でもらえることもあります。
ダンボールに荷物を詰め終わったら、箱の外に油性ペンなどで、中身がなんであるか書いてから、ガムテープで封をするようにしましょう。
引越し当日に、荷物を全て出すことは難しく、必要なものから順番にダンボールから出して使うことになると思います。
その時に、必要なものがどこに入っているのかすぐにわかると、探す手間も省けます。

 

その他、頻繁にあるわけではありませんが、引っ越し業者に依頼した場合、荷物が足りなくなるということもあるようです。
このようなことを防ぐためには、ダンボールに番号を記入しておくと、引っ越し先で荷物を運びこんでから、ダンボールが足りているかどうかすぐに確認できます。

 

また、荷造りするにあたっては、使用しない食器も早めにダンボールに詰めておくとよいでしょう。